カード現金化必勝指南書

カード現金化必勝指南書へアクセスありがとう!正確なカード現金化のチョイスの仕方を参考にしてください!キーポイントだけ把握しておけば、良くはないカード現金化を購入してしまう悩みはないといえます。 - カード現金化で起こり得るトラブルと対処

新着情報

▶2016/07/05
カード現金化で起こり得るトラブルと対処の情報を更新しました。
▶2016/02/09
リンク集を新規投稿しました。
▶2016/02/08
法人カード現金化とはを新規投稿しました。
▶2016/02/08
個人で行う場合のオススメカード現金化を新規投稿しました。
▶2016/02/08
よくあるカード現金化のトラブルを新規投稿しました。

カード現金化で起こり得るトラブルと対処

グレーゾーンと言われるカード現金化ですから、例えば、相手が悪徳業者だったとしても、強く出ることが出来ずに、結果として泣き寝入りされる方も少なくありません。

このようにキャッシュを手に入れることは出来ても、考えられるトラブルなどは沢山にあるのです。
そこで、ここではカード現金化で起こりえるトラブルと、そういったトラブルが起こった場合の対処方法について紹介していきましょう。

個人情報の漏洩

カード現金化を業者に頼んだ場合、優良業者であればいいのですが、悪徳業者の場合には、かなり高い確率でヤミ金業者や反社会勢力とのつながりがある場合が多いです。

ひどい場合には、運営の大元になっているのが、そういった団体だったりするケースも少なくありません。
そこで問題になってくるのが、個人情報です。

身分証の提示までは仕方がないとして、その他にも様々なものを請求してくる場合には危険です。
近年では、マイナンバーの情報の取り扱い。
そしてクレジットカードの番号や暗証番号などの提示を求めてくる場合もありますから、注意しましょう。

彼らのほとんどは、「審査のため」という都合の良い言葉を巧みに使ってきます。
通常のカード現金化を行っている業者は、審査などは行う必要はありません。
そもそも商品を購入してもらいキャッシュバックするだけなのですから。

そこに審査も何も必要ないことは、冷静になれば判断出来るのです。
個人情報というのは、ヤミ金や反社会勢力や犯罪者集団には、非常に高く売れる価値の高い情報ですから、くれぐれも慎重に取り扱いましょう。

カードが利用できなくなる

カード現金化は、グレーゾーンの行為であり、法的に処罰をされることはありません。
逮捕されるとすれば、現金化を行っている業者であり、実際に逮捕された業者も存在しています。

ただし、法的には問題がなくても、クレジット会社の利用規約には、完全に違反している行為になります。

当然に発覚した場合には、クレジットカードが利用出来なくなる恐れがあります。

一時的な停止であれば、まだ救いはありますが、強制退会などの処分を受けた場合には、ほぼ100パーセントに近い確率でブラックリストに載り、それが貸金業者やクレジット会社などに情報として提供されることになります。

結果として、どの会社の審査でも通過できず、クレジットカードを新しく作れないどころか、ショッピングローンすらも組めないといった憂き目に遭ってしまうので注意しましょう。

Copyright(C)2016 www.aforgottenodyssey.com All Rights Reserved.